So-net無料ブログ作成

「伝える」と「伝わる」違いは知っていますか? [ひとり暮らし]


一人、相手に伝わらずに毎日悩んでいませんか?

もし、今お悩みなら一度じっくりhttps://www.smile-kyuubin.jp/single-person/

読んでみませんか?

これからのあなたの幸せを願いホームページを公開しています。




nice!(1) 
共通テーマ:blog

今日、生きづらい、生きにくさに悩む今のあなたへ [ひとり暮らし]

今日生きづらい、生きにくいあなたへ

生きづらい、

生きにくい、

死にたい…。

あなたも、

こんな感情に包まれることがありますか?

すべてが虚しい。

すべてが腹立たしい。

自分にも世間にも嫌気がさす。

こんなことを、

誰にも話すわけにもいかず・・・。

そう考えるとひどく孤独を感じる。

悲しくなる。

切なくなる。

不安になる。

怖くなる。

そう。

生きにくい人、生きづらい人は、

いつもこんな激しい感情の波と闘っています。

こんな根源的ともいえる悩み。

その原因はいったい何なのでしょうか?

もしあなたが、同じような

生きづらさを抱えているのなら、

あなたは、

脳の扁桃体が敏感

なのかもしれません。

つまり、
『心のアンテナ』の感度が、

とても高いのです。

そんなことを言われても、

いったいどう対処すればいいのか、

何から手をつければいいのか、

解らなくなってしまいますよね。

だから、まずは、

ここから始めてみてください。

それは、


『本気で話の通じる相手を見つける』


ということ。

生きづらい、

生きにくい、

死にたい…。

こんな、世間ではタブーと

されている言葉を発したとしても。

まともに相手をしてくれる人を

探すことです。

あなたの話を否定しないで

聴いてくれる人を見つけることです。

そんな場所を見つけることです。

それが、

生きづらいと感じる人が

まずはじめにとる対処法。

なぜなら、

私たち人間の脳からは、

話しを理解してもらえることで、

オキシトシンという脳内物質

が放出されます。

それが私たちに、

『ホッ』とするあの感覚をもたらしてくれます。

過敏に反応してしまっていた、

脳の扁桃体を直接癒してくれるのです。

この人は、

わたしの生きづらさ、

生きにくさにまともにとりあってくれる。

この場所なら、

わたしの生きづらさ、

生きにくさを正直に話せる。

そんな『ホッ』とできる

人や場所を、本気で探すこと。

『話の通じるリアルな人』や、

『話の通じるリアルな場所』を見つけること。

それが、生きづらい人、

生きにくい人がまず初めにやることです。

私は、

「いや~、昨日、なんだか死にたくなっちゃってさぁ」

「え~、マジ~、大丈夫?」

と学校や会社で

平気で言い合えるような社会を

本気で目指しています。

それはお互いの生きづらさや、

生きにくさを理解し合おうとするだけで、

今の閉塞的な苦しさから

抜け出せる人がたくさんいるからです。

人間の脳が、

そう出来ているからです。

その方が


“自然”


だからです。

確かに生きづらさがないような

社会になればそれが一番いいのかもしれません。

しかし、

その考え方自体が、


「生きづらさなんてあってはならない」


という閉鎖的な、

現代の空気につながってしまいます。

生きづらい時は生きづらい。

生きにくい時は生きにくい。

そうボソっと言い合える社会。

これこそが、


『健全な社会』


ではないでしょうか。

だから。

もしあなたが、

生きづらい、生きにくいと

感じていたとしても。

恥ずかしいことでも何でもありません。

それを見ないようにしている

今の社会の方が、


『不健全』


なのですから。

あなたも堂々と

生きづらい、生きにくいと

言い合える人を見つけましょう。

そんな場所を見つけてみましょう。

それが生きづらさから

脱け出すための第一歩です。

といっても…、

その一歩を踏み出すのが、

とっても大変なんですよね…。

だから、

このWEBサイトには、

生きづらさに対処するための

具体的な方法や考え方を発信しています。

まずは、

それをながめてみながら、

ご自分に合った考え方や

取り組めそうな方法を見つけて、

あなたの扁桃体を癒してあげてください。

きっとあなたの心が

「フッ」と軽くなる瞬間を

感じていただけると思います。

それでは今日もあなたに、

心地よい人生が訪れますように。

なりたい自分になれずに悩んでいる人や、やりたいことが見つからない人へ
引越するかも知れないキッカケでじっくり読んで考えてみませんか?

公式ホームページ
https://www.smile-kyuubin.jp/


nice!(0) 
共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。